聖書よりキリストの愛と救いをお知らせする大津キリスト集会(教会)
bible02
  • HOME »
  • bible02 »
  • 聖書メッセージ

聖書メッセージ

聖書メッセージ26「日常的不安と実存的不安」

第26回 「日常的不安と実存的不安」 私たちには、いつも不安がつきまとっています。絶えず不安を抱きながら生きているのです。私たちが抱く不安とはいかなるものでしょうか?不安には二種類あります。一つは「日常的不安」であり、も …

聖書メッセージ25「名前で呼びかけられる神」

第25回 「名前で呼びかけられる神」 最近、子供を虐待して死なせたり、車に放置して帰ってみたら死んでいたという悲惨な事例が続いています。自分の子供をいつくしみ、愛情を注いで養い育てるというのが本来の母のイメージだと思いま …

聖書メッセージ24「八木重吉と聖書」

「八木重吉と聖書」  八木重吉(1898-1927)は、「貧しき信徒」や「神を呼ぼう」を書いたクリスチャン詩人です。彼は、宮沢賢治(1896-1933)と同時代人で、宮沢賢治は八木重吉より6年後の1933年に死去していま …

聖書メッセージ23「林文雄とハンセン病」

第23回「林文雄とハンセン病」  ハンセン病患者のために生きた人物に林文雄(1900~1947)という人がいます。彼は北大医学部卒で、多摩のハンセン病療養所の全生病院で働いた後に、1930年に国立ハンセン病療養所長島愛生 …

聖書メッセージ22「福沢諭吉と聖書ー真の神様」

第22回「福沢諭吉と聖書ー真の神様」  皆さんは、慶應義塾の創始者である福沢諭吉(1835-1901)のことを聞いたことがあると思います。「天は人の上に人を造らず、人の下に人をつくらず」。この言葉は福沢諭吉『学問のすすめ …

聖書メッセージ21「星の王子さまと聖書」

第21回「星の王子さまと聖書」  アメリカのケネディ大統領は、1961年の大統領就任演説で、歴史に残る名演説をおこないました。それは、「同胞であるアメリカの皆さん、アメリカがあなたのために何をしてくれるかではなく、あなた …

聖書メッセージ20「ドストエフスキーと聖書」

第20回「ドストエフスキーと聖書」 ドフトエフスキー(1821-1881)は、世界的な文豪で日本でも彼の小説はよく読まれています。その中でも、『罪と罰』(1865)、『白痴』(1867)、『悪霊』(1870)、『カラマー …

聖書メッセージ19「天国行きのビザ」

第19回「天国行きのビザ」 こいつはもう、本当の天上へさえ行ける切符だ。天上どこじゃない、どこでも勝手にあるける通行券です。(宮沢賢治『銀河鉄道の夜』より) これは『銀河鉄道の夜』の主人公であるジョバンニが鉄道の中で車掌 …

聖書メッセージ18「むなしさからの解放」

第18回「むなしさからの解放」  私たちは、時折、心の中にポッカリ穴が開いたようなむなしさを感じることがあります。 それは、孤独の時だけではなく、大勢の友達と一緒にいるときもそうですし、失敗した時だけではなく、成功して有 …

聖書メッセージ17「夏目漱石の問い」

第17回「夏目漱石の問い – 人はどこからきてどこにいくのか?」  漱石は、1911年に英語で書いた断片の中で、「生まれたからには死なねばならぬ。どこから来たのか、どこへ行くのか?答えよ!」と書いています。ま …

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 大津キリスト集会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.